上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は体調がよくなく、ゲリPだった菜津。
食欲もなく朝から食べず、夕方少しだけおかゆを食べた。

今朝はうんPがすこし形になってきてヤレヤレもう大丈夫かな~?
と思ったところにまた災難が菜津にふりかかる。(泣)

朝の散歩の帰り、ワタシは小春&のん太を、父ちゃんは菜津のリードを持って
家の近くまで戻ってきた時、ノーリードのワンコに菜津が襲われてしまった。
急いでリードを引き上げ、菜津を抱き上げた父ちゃん。
ノーリード犬が去り、菜津を下ろして歩かせようとするけど動こうとしない。
よくよく見ると、菜津のお腹の皮が3センチほど裂けてました。

どうみても自然治癒は無理、結局ワタシはバイトを休み、朝一番で病院へ。
先生も診るなり「縫った方がいいですねぇ」と一言。
はぁ・・・小春に続きまた全身麻酔。大丈夫だろうか・・・・・。
と半泣きになりながら昨日からの菜津の体調不良も先生に報告。
調子の悪い時の全身麻酔は避けたい・・・・と先生も悩んでしまった。

「ちょっと詳しく診ますので」と菜津を連れて奥の処置室へ行った先生。
診察室から出され、待ち合い室でぼーぜんと待つワタシ。

15分ほど待ったとこで再び呼ばれ、診察室へ。
「大人しかったので・・・」と言う先生の言葉と共に
菜津のお腹を見てビックリ!縫ってある!!!
ワンコは我慢強いとはいえ、人間に置き換えたら麻酔なしで縫うなんて考えられない、頑張った菜津を思うとまた泣けてきた。

傷口は赤く腫れていて、引っ張られるのか動く事を嫌がり寝返りも今はまだ辛そう。
傷口をとにかく舐めたがるのでお手製エリカラ作成。
これがまたストレス倍増のようなので、寝てるときは外してますが、
気がつけば舐めようとしてる。
見張りのワタシ vs 菜津
今朝の出来事なので、今日明日はまだ痛いかな。
ずーーーっとそばにいるからね、頑張ろうね菜津。

今回菜津を襲ったノーリードのワンコはよく知ってるお家のワンコ。
元々迷子の野良ちゃんで、とっても警戒心の強いコ。
知り合った時お互い成犬でウチの3匹と仲良くなれずに今まで過ごしてきました。
めったに会うこともなかったし。

たまたまそのお宅の近くを通りかかった時、ご夫妻やお孫さんが揃ってた場面だったので、大事な人たちを守ろうと私達に吠え掛かってきたのでしょう。

こっちに向かってくるまで少し時間があったにもかかわらず、即座に菜津を抱き上げなかった父ちゃんと、「早く菜津を抱っこして!」と父ちゃんに指示しなかったワタシ。
本当に悔やまれます。痛い思いをさせてごめんね菜津。

ご近所だし、お世話になってるお宅のワンコなので、文句を言うつもりはありませんが、攻撃的なワンコだとわかってるならなおさらリードはちゃんと付けてほしいもんです。。。。
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://otankodiary.blog72.fc2.com/tb.php/23-30190362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。