上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日2本立て。
えぇえぇ、書けるときに書いておきますとも。(^^;




昨日深夜。
ウロウロウロウロしてちっとも寝ない菜津。

よくよく観察してみると、伏せ状態になって眠りたいのに
どこかに痛みがあるのか、伏せしかかってすぐにお座りの姿勢に。

何度も何度もそんな行動をとって、眠れない様子。
“ブルブル”もまともにできてない。



時間はすでに夜中の3時。


雨だったので夕方散歩をちゃんとしていないから
うんちでも出したらすっきりと良くなるかな~?

と、アタマの片すみに浮かんだ変形性脊椎症をかき消して
菜津だけを連れて、雨降る夜中の散歩へ。


歩きながら注意深く菜津を見ていると
スピードに乗って歩いて瞬間ゆっくりになって
またスピードに乗って・・・
という今まで見たことない歩き方をしてて、明らかにおかしい。


うんちはすぐさま出て、おしっこもしたので帰宅。
濡れた足を拭いてお腹にタオルを当てたところで
“きゃいん!”

菜津の悲鳴に泣きそうになるワタシ。



ぐーすか寝てる父ちゃんをたたき起こし
菜津の異変を訴える。
寝ぼけながら「点滴のせいとちゃう?」という安易な見解を述べる父ちゃん。

“点滴なんか関係ないわい!”
すかたんな返答に苛立ちつつ、あと少しだけ様子をみることに。


幸い横になって、毛布を掛けてあげたら眠りについてくれた。




土曜日はもともと朝イチの病院へ行く予定だったので、菜津だけを連れて向かう。

今日は院長先生を指名させてもらって、呼ばれて診察室へ。

昨夜からの状況を詳しく説明し、院長から出た言葉は
「たまった点滴が痛い場合もあるんですよねぇ」だった。

なんですと?(-_-;)

確かに昨日朝にした点滴は吸収が悪く、
異変が起きた夜中もまだ菜津のお腹でぶら下がってた。

ワタシの状況説明からしても、それで納得がいくという。
そういえば朝の散歩の歩き方は、夜中みたいに変則的な歩き方じゃなかった。




ですけどね・・・・・・
昨日菜津に点滴針を刺したのはワタシなんですけど・・・・・。(-_-;)



実は家で点滴をするよう本格的にすすめられていて
先生の指導のもと、2度ほど病院で練習しているのでありました。

昨日は刺し方が浅かったらしく途中で抜けたのよねぇぇぇぇ。(泣)



できねぇー。
後で痛いなんてことがあるなら、家でなんて絶対できねぇ。
泣きの訴えをしたら、今日は院長が点滴をしてくれました。

今後のことはまた先生と相談していこう・・・。



今朝した点滴は夕方にはほぼ吸収。
もちろん菜津も痛がったりすることもなくいつもどおりスヤスヤ寝てる。
何が違うんだろ・・・・。



で、すかたんな意見とスルーされた父ちゃん。
まさにビンゴな見解だったのでした。
こんなときにボソッと言うことは意外に的を得てることが多いんですよね。
今度から少しは尊重することにします。(^^;




連日の病院通いに相当なストレスの菜津。
それにプラス痛い思いまでさせてしまってごめんよ。
110409-006


明日は病院には行かないからね。
みんなでお花見に行こうね。




  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://otankodiary.blog72.fc2.com/tb.php/1197-6a31494b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。