上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、あの犬が堤防をお散歩していたのは知っていたんだけど・・・。







4年前と3年少し前、2度にわたって菜津を噛んだあの犬


今までの間、時間帯が違ったのかお散歩してる姿は見たことなく
ウチの犬たちと接触することなんて全くなかったのに。


噛まれて以降、その犬の飼い主さん(犬はいない)とは会うことがあった。
飼い主さんの姿を見ただけで、小春は吠えまくり
菜津はただただその場から逃げようとする。今でも。
完全に恐怖だった出来事として記憶に残っているよう。



最初、父ちゃんがその犬が散歩しているところを見たようで、ワタシに報告してくれた。
それからワタシも堤防を飼い主夫婦と歩いてるところを遠くから見かけた。(もちろんリードはしてます。)


絶対会わせないようにしよう・・・・
そう誓ったのに。


悲しいかな家が近いので、お散歩コースがほぼ同じ。(泣)
その犬が歩いたと思われる跡を、小春が背中の毛を逆立てて興奮気味にたどる。
匂いをたどるだけでも3ビーによくないと思ったので、
帰路のお散歩コースを変えたりして対策をとった。


なのに・・・ここ何日か見かけてなかったのと
帰りが遅くなって慌ててお散歩したのとで、
その犬のことは全く忘れてしまっていたところに鉢合わせとなってしまった。(泣)



今日のお散歩でのこと。
遅くなったので堤防の上を歩いて、休憩ポイントに来たので座ろうとしたとこで
見慣れない犬が後ろから来ているのを発見。
近くまできて、のん太がまず吠えたところで
「ゲッ!●●じゃん!!!!!」と激遅で認識。(泣)


ときすでに遅し、小春は絶叫し、菜津も吠える。
急いで階段を下りてその犬が見えないようにした。


が、小春は興奮冷めやらずひたすら絶叫。(泣)
「大丈夫だよ~」というのが精一杯。


落ち着かせようとそのまま休憩したのだけど、
小春は犬の行った先が気になるようでそわそわ、時々思い出したように絶叫。
菜津はなんとワタシの膝の上に自分から乗ってきた。


この夏の間、同じ場所で休憩してきたけど、
ワタシの膝になんか乗ったことがない。
菜津の不安と恐怖がわかるので、
「大丈夫、母ちゃんが絶対菜津を守るから!」と撫でながら言い続けた。
少ししてやっと落ち着いたようで、いつものように一人でボーっと休憩してくれた。





3ビーにストレスを与えない。

最近、何よりも大切にしたいと思っていること。
取り除けるものなら、改善で緩和されるなら
なにをおいても努力したい。

あの犬の匂いを今後も察知することはあるかもしれないけど
絶対視界には入れない、あの恐怖を思い出させない
それは努力するからね。


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://otankodiary.blog72.fc2.com/tb.php/1101-7254921c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。