上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨雨雨!ずーーーっと雨!
朝、まだ降っていない時に散歩に行きそびれてしまい、
小降りになったお昼頃やっと散歩へ。
夕方も止んだのを見計らっていつもより早い時間に堤防をてくてく。
最近運動不足なワンコ達のために、せめて長く歩こうと思ったのが間違いだった。

堤防の、普段は絶対使わない階段を下りた時
“ニャーーーー”
と聞こえてしまった。(泣)

い、今の声は・・・・もしや??
と思ったとき視界に入ってきたダンボール。(号泣)
ご丁寧に傘までさしてある。

心臓ばくばくもんで覗き込んだら・・・・

おーまいがっ!!!!

雨に濡れた子猫ちゃんが・・・・・。
見ない見ない、何も見えなかった、何も聞こえなかった、
そう自分に言い聞かせつつ、この道を選択した自分を呪った。
猫の匂いに反応して興奮する3匹を連れて帰るのがやっとだった。

とりあえず家に戻ったものの、どーしても気になる子猫ちゃんのこと。
里親を探すとして、雨に濡れてるし病院へ行かなきゃ、とか
働きながら元気になるまで面倒をみれるのだろうか? とか
留守番中ワンコ達が子猫にずっと吠えたりしたら? とか
色んな問題が天秤にかかって、アタマぐるぐる状態。
悩んでるうちにまた雨が降り出した。(泣)

帰宅した父ちゃんにすぐ打ち明けたけど、
父ちゃんは拾うことを賛成してくれなかった。
父ちゃんの協力と理解なしには無理だぁ・・・でも気になる・・・。
悩みながらご飯の支度をしていると
「そんなに気になるなら連れて帰ってくれば」と言ってくれた。

急いでご飯食べて、タオルとカゴを抱えてチャリすっ飛ばして子猫ちゃんがいた場所へ。
時間が経ってるのでもういないかも?
心臓再びばくばくばくばく。

傘は発見した時のままさしてあったけど、ダンボールはなかった。
周りも探したけどいなかった。
他の人に拾われたんだ・・・・・
ホッとするような、なんともいえない複雑な気持ちだった。

こんなに悩んでからでないと決断できない自分が情けない。苦笑。
その場ですぐに拾って帰って、ちゃんと面倒みれる人を本当に尊敬します。
どうかどうかあの子猫ちゃんが心優しい人に拾われて
幸せになれますように・・・・・。
スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。